なぜ日本はギャップイヤーや転職をネガティブに捉えるのか

ノースウエスタン大学で講演を聞きました。同校はケロッグ経営大学院を有する世界的教育機関のひとつです。
 
ノースウエスタン大学
 
教授の話によると、アメリカではギャップイヤーを求める学生が増えているそうです。ギャップイヤーとは、大学卒業後、あえて企業に就職せず1年間世界を旅したり、仕事以外のことに熱中する期間をいいます。
 
これは、社会人としての一般的なレールを歩まないという意味で、企業の転職に似ているかもしれません。アメリカでは転職を評価する傾向があり、それによって自らの役職を高めようとする人が沢山います。
 

日米の差は価値観の受容力にある

日本では、ギャップイヤーも転職もネガティブに捉えられています。一生ひとつの会社で勤めることが美徳とされ、未だ年功序列制を採用している会社も少なくありません。これは多様な価値観を受け入れる土壌が整っていないことを意味しています。
 
ノースウエスタン大学
 
対してアメリカは、生まれながらして他民族と接する機会が多く、自らと異なる価値観を受け入れるだけの度量が備わっているといえます。結果として異なる価値観を持つメンバーが組織する企業では、これまでに無かった発想やイノベーションが起こりやすく、実際アメリカでは次々と新しいビジネスが生まれています。
 

異なる分子を入れる勇気を

個人で見ても、人によって考え方やモノの捉え方は違います。以前、GATHER(類人猿)分析でも紹介したとおりです。
【みんな違ってみんなイイ】
 
あとはそれを受け入れ、経営者が異分子を入れる勇気と決断を取れるかだと思います。これから人口減少社会を迎え、人材採用がより厳しくなる中で、この判断は不可欠になるはずです。あまり見かけないキャリアを歩んでいる人材であっても、自社に貢献してくれると感じたのであれば、積極的に採用し、教育を施していくべきです。
 
これまでの考え方を大きくチェンジするときだと思います。 
 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です