水はビジネスの源になる

シカゴは農業を通じて発展してきた都市です。中西部の西には巨大なミシガン湖・東に南北に流れるミシシッピ川があります。思い起こすと、世界四大文明も全て水の豊かな地域で起こりました。水はビジネスの源であるといえます。

シカゴとミシガン湖
 
経済の発展に大きな影響を与えるのが、国家の地理的条件です。内陸国だと海運ができないので、運河を作るか、隣国にある海まで陸運に頼るしかありません。内陸国はグローバル化が進む今の時代では、他国との価格競争力で負けてしまうのです。その意味で、アジアでは、タイやベトナムは恵まれている一方、ネパールやパキスタン、アフガニスタンは悪い環境にあるといえます。

内陸国の成功モデルは、スイスです。元々農業にすら適していない土地で生まれた彼らは、ロシアの傭兵として活躍するなど、海外で働いたお金を送金して家計を支えていた歴史があります。

しかしそれが功を奏したのか、早くから輸出産業に目をむけ付加価値の高い製品を生産することに努めました。その代表格が時計です。ロレックス、パテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、タグ・ホイヤーなど、スイス発祥の時計企業は数多く存在します。

では、なぜ彼らは時計づくりを強みにできたのか?それはスイス南部にある渓谷の水がとても綺麗で透き通っていたからです。
 
間違いなく水はビジネスの源です。自然を活かして国家の中心産業まで育った成功事例だと思います。
 

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です