「フィリピン人は働かない」から日本人が優位に立てる

フィリピン人の怠惰が日本人駐在員のストレスに

ジョリビー

よく「フィリピン人は働かない」と言われます。
インターネットで検索をすれば、
関連ページがたくさんヒットします。

実際日本人に比べて、
「フィリピン人は働かない」というのは、
間違いなくそうなのだろうと思います。

レストランに行けば、
必要以上の従業員が働いていますし、
お喋りしながら・歌いながら仕事をしています。
注文した料理が出てくるのは、もちろん遅い。

約束の時間を守ることはないし、
プライドが高くて言い訳も多い。

こうした状況から、
フィリピンでストレスを溜める日本人駐在員が多いと聞きました。

フィリピンで成し遂げたい目的を見失わない

セブ島ビジネス

彼らが働かない理由は、

  • 年中暑いから、体力がもたない
  • 賃金が安いから、モチベーションが上がらない
  • 仕事のプライオリティーが低い
  • あたりのようです。

    いずれにしても、
    「フィリピン人が働かない」というのは確かにそうかなと思います。

    しかしビジネスの世界でいえば、
    私たちがフォーカスすべきは、
    会社が目標に掲げる数字やプロジェクトを実現させることであって、
    フィリピン人を一流のビジネスマンに育て上げることではありません。

    それは手段であって、目的ではない。

    目の前の・短期的なことに惑わされるのではなく、
    彼らを活かした上で、
    何を成し遂げなくてはいけないのか考えるべきです。

    逆に、彼らの平均的な性格を考えれば、
    日本人がどれだけ誠実な国民性を備えているか実感することができます。

    日本人の強みとして前向きに捉える

    「約束を守り、最後までやり抜こうとする」

    当たり前のように思えますが、
    フィリピンでは、それだけで大きな信頼を勝ち取ることができます。

    フィリピンでも本当に一流のビジネスマンは、
    素晴らしいキャリアを持ち、仕事に前向きな努力家です。

    彼らから信頼されることが、
    日本人が現地で成功する鍵になるとも言えます。

    それでいえば、
    日本人が持つ国民性は、
    ビジネスで相対的優位に立つことができる能力です。

    現地の多数が持ちえない強さがあると言えます。

    異なる価値観から、自国の良さを知る

    「フィリピン人が働かない」ことが、
    異なる価値観を持った私たちにとってストレスに感じるのは当然です。

    しかしそれを逆手にとって、
    前向きに仕事ができれば、
    成功しやすい土壌がこの国にはあると言えるのだと思います。

    日本人の価値観を大切にしながら、
    フィリピン人の価値観を尊重する。

    この信念で、イキイキ頑張りたいものです。

    • Facebook
    • twitter
    • Hatena

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です