ハーレー・ダヴィッドソンはなぜあれほどファンに愛されるのか

ハーレー・ダヴィッドソンは、モーターバイク業界で最もファンに愛される会社です。110年前ハーレー氏とダヴィッドソン氏が3畳のスペースで始めたビジネスは、今世界中でファンの自主的なイベントが開催されるまでになりました。

今回同社の企業ミュージアムを訪問するにあたり、私の学びのテーマは「なぜそこまでファンはハーレーを愛するのか」を知ることでした。

ハーレー・ダヴィッドソンのミュージアム

ファンはモーターバイクに自由を求める

企業ミュージアムを見学し、ダヴィッドソン家の曾孫に講演をしてもらって分かったことは、ハーレー・ダヴィッドソンが、「自由」を大事にしているということでした。

ハーレ・ダヴィッドソンの曾孫

私が曾孫(ミュージアム館長・マーケティング副部長)に、「あなたの会社が一番大切にしていることを1語で表してください」と尋ねたとき、彼が「Freedom」と答えたことからも分かりました。普段仕事をしている人、気分転換にハーレーに乗ろうとする人たちは、乗ったときの自由さに魅了されているのです。

  • 「ハーレーに乗って、どこに行こう」
  • 「ハーレーに乗ったら、開放的な気分になるな」
  • 「自分のハーレーをどうやって改良しよう」(カスタム・カルチャー)
  • と思ってもらえるように、同社はファンに支持される商品づくりをしています。

    ハーレー・ダヴィッドソンが主軸にしているのは、間違いなく「自由」です。

    コト売りを追求した世界的成功事例

    自由を売るハーレー・ダヴィッドソンは、コト売りの成功事例といえます。彼らは商品開発から販売・サポートに至る全てのプロセスで、「自由」にフォーカスしています。何かにフォーカスすることは、とても大切です。商品を通じて、「何を感じてもらいたいか」の方針が決まれば、永きにわたってブレない、ファンに愛されやすい会社になります。

    ハーレー・ダヴィッドソン

    コト売りはリピート客を生む

    ハーレー・ダヴイッドソンは、自由を売ることでファンづくりに成功しました。これは、コト売りがリピート客づくりに効果的であることを示唆しています。「また買いたい」、「いつまでもファンでいたい」と思わせるためには、商品に込める想いを明確にしたほうがよいということです。

    ハーレー・ダヴィッドソン

    • Facebook
    • twitter
    • Hatena

    ハーレー・ダヴィッドソンはなぜあれほどファンに愛されるのか” に対して1件のコメントがあります。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です