電車着座とスマホ利用率

日報は、ルール化グセを身につける良い機会になります。
今日は会社に向かう電車の中で、乗客の動きに注目してみました。

22HSxuLej4z6ZWi_19435
 

私の周りで確認できた乗客数は32名。
そのうち、読書をしていた客が1名・スマホを操作していた客が11名いました。

スマホ客11名のうち、
立っている人(全体14名)が7名、座っている人(全体18名)は4名でした。

立っている人のスマホ利用率は50%、座っている人は22%利用率でした。

このことから、
・スマホは、立っている人が「なんとなく」使っている可能性が高い。
・座っている人は、より目的を持って時間を使える。

ことが分かります。

電車で席に座るとストレスも溜めず、より有意義な時間を使えるため、
早期出勤で満員電車を避けることは、結果として生産性の高い時間の活用ができると思いました。

早起きは三文の徳、といいますが、
それは電車内でも発揮されるメリットです。

  • Facebook
  • twitter
  • Hatena

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です